あの有名な薄毛俳優と自分の境遇の違いについて考えてみた

なぜなら、気にしてしまうとずっと気になってしまい、さらに知らず知らずに悪影響を必ず与えてしまうものだとと思っているからです。今「育毛剤」を使用してケアをされている方、そのまま使用下さい。しかし、その反面髪の毛に対しての考えを控えて頂きたいと思います。

昔、私も髪の毛が気になった時、異様に髪の毛の抜け落ちやM字の左右が気になった頃があります。見るたび見るたびM字の部分が広がってみえるようにみえました。ですが、それ以上気にしないようにも努めました。私はいつからかハリウッドスターのブルース・ウィルスに憧れを抱いていました。

天辺までおでこスタイルにも関わらずブルース・ウィルスのようなカッコいい男であれば、光栄ではないかと。そう思っているうちに、髪の薄さには全く関心を持たなくなり今この瞬間、以前と変わらない髪の量を維持しています。まだこの先どうなるかわかりません。

ですが、なってしまったらなってしまったで10年後、20年後、「育毛剤」の技術も必ず進歩してると信じています。あわよくばこの日本全国から禿るという心配はなくなってしまっているんじゃないか?とまで思っています。……そう。楽天的と思われても結構です。

仮に10年後、20年後その「育毛剤」のテクノロジーが進歩していなかったとしても、私は自分自身をブルース・ウィルスと見栄を張り続けていようと思っています。それぐらいの余裕を持っていたほうが、逆にとても潔く見えます。案外第三者はあなたの薄さに対しあなたが思っている以上気になっているとは限りません。

検索フォーム

おすすめ

カテゴリー